アルコール依存症の夫と仕事、家族

アルコール依存症の夫と小中学生の子供4人家族です。3年前に夫がアルコール依存症からうつ状態となり、強制入院、退院後一反は断酒をしていたものの、最近は否認しほぼ毎日飲んでます
病院につながってるのに、抗酒剤も飲んでますが、全く意味がありません
日々色んな事があり、基本的に愚痴を書いてます。

決断と賭けから1週間

おはようございます。
前回のブログから1週間が経ちました。
結果、今の所夫に関してはあまり変わっていません・・・
私の気持ちは少し楽になったかな。どうにでもなれ、と思えば心配と不安が減ったので。(完全にはなくなりませんが)


「自分の思う様にしていいよ」と伝えたので、てっきり毎晩晩酌をするのかと思いきや、自室で隠れて飲むことに変わりはなく。
「結果離れることになるかもしれない」と言う言葉がストッパーになってしまったのかもしれないな~じゃあ断酒してよって話ですが(-_-)
いや、もしかしたら、目の前で飲まなきゃ大丈夫と勘違いしているのかも。
でも、さすがにこの前の3連休は大人しくしておりました。平穏無事な3連休。
久々に2人でイケアに行ってきました。70%引きになっていたアウトレットのソファーカバーを見つけテンションが上がり、他にも色々買ってしまった。散財です~


今まで、休みの度に嫌な思いをしていたので、正直3連休前はちょっと憂鬱でしたが、それに関しては良かった良かった。


「夫=アルコール依存症」から離れ、普通の家族と思い込んで過ごした1週間。
ちょっと思ったことがありまして、
どうも、私にとってはお酒が嫌。と言うよりは「今の夫がだらしなく見えてしまう=子供も夫に対して同じ思いかも」と言う方が嫌なのかもしれないなと。
仕事に行くと言っては行かない、約束を守らない、子供と本気でケンカをする、嫌がられても止めない、うそをつく、毎朝リビングで爆睡。


以前は素敵な旦那様で、もちろん仕事的にも夫としても、父親としても、とても尊敬、信頼していて、ケンカ、言い合いなんて全くない笑いの絶えない家族だったんですよ。
お酒が原因であれば断酒に結び付けば、以前の夫に戻ってくれるんでしょうか?
うーん、分かりません。もう少し様子を見ますね~


決断と最後の賭け

おはようございます。
昨日私はある決断と最後の賭けをすることに決めました。


私は夫のことをアルコール依存症だと思っています。(だって先生がみんなそう言うし、警察のお世話にもなっているし)
だから、夫には自ら断酒の素晴らしさを感じて自らお酒を飲まず、家族平穏に過ごして行きたい。でもそれが無理なら、別の道を歩む。ただそれにはキッカケが欲しい。例えば私や子供に暴力を振るった時、私の心が持たなくなり子供を守ることが出来ないと判断した時、子供に影響が表れた時、夫が最悪な状態になって手に負えなくなった時。


今は、とても中途半端な状態で、上辺だけ仲の良い家族であり、お互い我慢をし不満と居心地の悪さを感じている。


で、私は「夫=アルコール依存症」の考えから離れることを決めました。
これはとっても確率の低い賭けですが・・・
昨日夫に伝えました。
「今まで私はあなたのことをアルコール依存症と思い、いろいろ勉強して、今後の事や脳の障害、早死にるかもしれないと恐れ心配し色々なことをして来た。でもそれは、あなたに取って邪魔なものでしかなくて、ほっておいて欲しいと言われ、ショックで見放すことにした。
でも、隠れて飲んでいても知らない振り、平気な振りをすることは想像以上に辛くて、ましてや目の前で堂々と飲んだ時には、とても平気な振りは出来なかった。あなたも自由に飲めなくて辛く居心地が悪いと感じていると思う。


だから、私もアルコール依存症から離れてみようと思う。心の奥底には飲んで欲しくないという気持ちはある。心配だから
でも、いっその事あなたには自分の思う様にしてもらって、その先に何があるか分からないけど、何もないかもしれない、何かのきっかけでお酒は飲まない方がいいと思うかもしれない、逆に大きな問題が起こるかもしれない。その時は私は一切の手助けはしないし、離れると言う選択をするかもしれない。だから今は自分の思う様にしてください。」


そう、私は夫と家族の本当の幸せの為に確率の低い賭けをしました。
恐らく何らかの問題が起こり、私は義理の母に泣きつき別居をすることになる可能性が高いでしょう。
でも、今のままよりは良いと思ったのです。最悪の状態になる前に自分から断酒につながるキッカケを見つけてくれる少しの可能性に賭けてみることにしました。


今後、何かあればご報告の為にブログを書きますが、当分の間、依存症の事はから離れたいのでブログはお休みしたいと思います。
もしかしたら、全く別の事を書くかもしれません(*^_^*)


では、本日も長文を読んで下さり有難うございました。
皆さんのブログは今後も読ませて頂きますね。

私の機嫌が悪くなるから・・・

先日の夫との話し合いから、一つ思うことがある。
夫の中で、自分はアルコール依存症かもしれないけど、そうじゃないかもしれないと言う思いが混ざり合っていると思う。
今は、依存症じゃないと思いたい気持ちが勝っていて、でも私の中では「夫は依存症」と思っているから、生活にどうしてもずれ、すれ違いが出てきていると思う。
(子供たちに離婚するの?と何度聞かれたことか。)


3年前に比べれば、お酒を飲む量は断然減ったと思うし、言うこともまともになった。
でも、一時期の断酒も、今隠れて飲んでいるのも、お酒の量を減らしたのも自分の為ではなくて、私の機嫌が悪くなるから、嫌がるから、自分が居心地が悪くなるからだと思う。自分の病気に向き合ってとか、お酒を飲むと大変なことになるから、と言ったお酒を減らすメリットを感じているわけではない。逆にお前が嫌がるから無理してるんだよ。
って言う気持ちがすごく伝わってきた。
だから、「病気のことを一旦置いておいて」って言う言葉が出てきたんだなと思うと
まだまだ先は長いな~と感じてしまう。


私が参加した家族プログラムでは、お酒を飲んで欲しくないと言う気持ちは伝えつつ、飲むか飲まないかは本人に任せる様にと何度も言われてきた。


でも、飲んでる姿を見るとどうしても昔のことを思い出して、未来が不安になって辛くなってしまう。我慢できなくなったら離れるしかないと思っている。


夫にしては、私がそんなにお酒に神経質になって、俺の居心地悪すぎじゃん。ということだろうけど、
でも、あなたとの3年間で、私の心はお酒を飲む姿を見ることで辛い思いしか感じることのできない体になってしまった。
私も病気なのかもしれない・・・