アルコール依存症の夫と仕事、家族

アルコール依存症の夫と小中学生の子供4人家族です。3年前に夫がアルコール依存症からうつ状態となり、強制入院、退院後一反は断酒をしていたものの、最近は否認しほぼ毎日飲んでます
病院につながってるのに、抗酒剤も飲んでますが、全く意味がありません
日々色んな事があり、基本的に愚痴を書いてます。

アルコール依存症の夫 続き4

「隠れ酒はやめて、堂々と飲む」宣言から2ヶ月、私は見て見ぬふりで平穏無事に過ごしていた。


子供たちは、「えっパパお酒飲んで大丈夫なん?」
「うん、もう本人に任せることにしたから気にしなくていいよ」
かれこれお酒で色んな失敗した父と苦労している私を見ているから、子供たちは心配顔ですが仕方ありませんな。


そしてやっぱり訪れた次の問題。
10月中旬の某日。「今日は8時頃帰るから」と連絡あり。その後「やっぱり9時半くらいかな」と連絡あり。
10時、11時、一向に帰ってこない(怒)
11時30分、「今駅に着いたから~」
心配になって迎えに行ってみると、手には缶酎ハイ、は当然のこととして、何で鞄持ってないのよ!!!財布やら仕事道具やら貴重な資料が入ってるんでしょうが。定期もなくてどうやって帰って来たんだよ。無賃乗車は立派な犯罪ですが。


さて、どこから話そうか。とりあえず近くの公園に行き「どういうこと?」「別に」「いや別にってことはないやろ、鞄は?」「たぶん電車に忘れた」「どうするん?」「明日電話する」そーですか。「じゃあ、家に帰ろう」しーん。「帰らないの?」しーん。「家の鍵持ってないんじゃないの?私帰って寝るからカギしめるよ」しーん。


もお、いい。公園で凍えて朝まで過ごせばいいさ。
さー睡眠薬でも飲んでさっさと寝よう。明日も仕事だし。


夜中2時過ぎピンポーン、ピンポーン。え~眠いのに~。ピンポーンピンポーン。
はいはい、ドアを開けたら「寒すぎて死ぬ」と夫が。いやいや、分かってたやろ。
こちら話をする元気はありません。お休みなさい。


次の日の朝、今日の仕事どおするの?鞄は?
「遺失物コーナーに電話したら届いてたわ。受け取って仕事いく」
おっ、まともやん。
「じゃあ私先に仕事に行くね~」


夕方帰宅。目の前に悪夢が・・・
ソファに泥酔した夫が、その隣に子供。そして鞄もなければ、なり続く夫の携帯電話。
鞄取りに行ってないじゃん、仕事行ってないじゃん、約束した顧問先と職場から何度も電話かかってるじゃん。
私が代わりに職場へ連絡。「どうも病気が再発したようです。すみません。
明日、病院に連れて行きます。」


旦那の依存症で、私の心は折れそうです。


まだまだ先はあります。続きはまた今度