アルコール依存症の夫と仕事、家族

アルコール依存症の夫と小中学生の子供4人家族です。3年前に夫がアルコール依存症からうつ状態となり、強制入院、退院後一反は断酒をしていたものの、最近は否認しほぼ毎日飲んでます
病院につながってるのに、抗酒剤も飲んでますが、全く意味がありません
日々色んな事があり、基本的に愚痴を書いてます。

アルコール依存症の夫 続き5

夫は以前から愛情にあふれる人、その分人に依存する傾向にあった。
発病前は、それは家族円満の材料であった。


が、今では仕事のストレス→お酒を飲む、そして家族に癒しを求めてくる。
こっちが嫌がっても子供の前でベタベタしてくる。私が逃げると子供にベタベタし始める。さすがに中1の娘に抱きつこうとした時は、すぐに止めた。そして明らかな娘の軽蔑の目。悪循環とはこのことだね。


パパのことは好きだけど・・・そりゃそうだ。思春期の娘に抱きつこうとするとは。
自分の昔で考えたら、ブルブル、絶対にありえない。


で、昨日の泥酔、鞄紛失、無断欠勤の続きですが、
翌日、私は仕事を休み、病院へ行くことと鞄捜索すべく本人を説得。
よくよく聞いたら鞄は警察に届き、職場へ連絡されていた。だって名刺が入ってるもの。
とにかく警察に取りに行って病院も行こうと説得するが、「絶対病院には行かない。
警察に行くだけで拷問や、それでええやん」しかも、一人で警察に行くと言い張る。
それは無理、だって途中でお酒飲んだら終わりだもん。
何とか説得して2人で警察まで鞄をとりに行き、家に帰った。なんとも重苦しい空気が流れているがしょうがない。今日はとにかくお酒を飲まないように見張っておかなければ。
そして、明日から元気にまともになります様に・・・


でも、ダメでした。夜中に飲んだんでしょうね。
仕事に行きたくない辞めたいと布団にくるまって出てこない。


そうこうしていたら職場の上司より私と直接話をしたいと連絡あり。
2度目ですね~ついに解雇ですか?と思いつつ。できれば本人も連れていきますと答える。


当日、布団に潜り込み目が虚ろな夫を叩き起こし、無理やり車へ。「何?何?」と怯えているが、とにかく出発。普通に行けば1時間強で着くはずが、まあ、暴れること暴れること。走行中の車から降りようとするは、止めろー止めろー気持ち悪い気持ち悪い、と叫びまくり。たまらず路肩に止めると逃げようとする。これを何度繰り返したか。何とか約束の時間に到着したが、100年の恋も冷めるわ。


上司の話は、過去の事故や警察から2度目の連絡だったこと、鞄を忘れるなど言語道断。
顧問先からもクレームの嵐で、どないなってるんや。ということ。
「すみません。実は、アルコール依存症と言う病気でして、少し飲んで調子が良くても、そのうちこう言った状態になるんです。そして、断酒しない限り一生治りません。解雇されても仕方ないと思っています。」と私が説明する。
上司も困り顔で、今の仕事も出来てないみたいやけど、
「いや、出来てます。来週中にはできます」と夫。本当でしょうか???私には分かりません。
じゃあ、とにかくお酒飲まずに頑張り。となりました。


今度こそは断酒を決意しただろうと思い込む私。
そして、またまた反省した様子の夫。翌日から仕事に行き始めました。


今日も長文となりました。私の愚痴を読んでくれてありがとうございます。
ブログで吐き出すと楽になります。家も同じよと思ってくれる人、まだまだましな方よと感じておられる人、様々でしょうがお付き合い感謝します。


そして、この秋から冬にかけて、まだ大事件が起こります。それはまた今度。